キャッシングがどこも通らない「審査で重要視されるポイントとは」

キャッシングがどこも通らない』という人は、審査で重要視されるポイントを抑えておくようにしましょう。

審査基準はキャッシング会社ごとで異なるため、大手や銀行はどこも審査通らないからといって、その他のキャッシングでも審査に落ちるわけではありません。

とはいえ、重要視されるポイントを把握しておけば、より審査に通過しやすくなるものです。

  • ローンが通らない理由を知りたい
  • キャッシングが通らないなら極甘審査ファイナンスしかない?
  • カード ローンの基準って?
  • みずほ銀行などのカードローンで審査無しのところは?

以下にまとめたので、ソフト闇金を利用する前に参考にしてください。きっとまだ手立てはあります。

どこも審査通らない原因は?

信用機関は全部で3箇所ありますが、近年は3つの機関で情報交換が行われています。そのため、すべての機関から情報を取り寄せて、内容を確認することをお勧めします。3つの機関は以下の通りです。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター

各ホームページ上で、個人信用情報の取り寄せ方が案内されています。

収入の安定

収入が多いに越したことはありません。しかし、毎月の収入が安定していることが最も重要です。アルバイトで毎月10万円の安定した収入がある人と、正社員で働いているものの、歩合制の給料で毎月の収入が安定しない人であれば、アルバイトの人の人が審査で有利となります。

勤務先と雇用形態

大企業ほど、審査に通過しやすい傾向にあります。とはいえ、倒産しそうな会社や、水商売で働いているケースを除き、勤務先がそこまで重要視されることはありません。

雇用形態に関しては、公務員、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、自営業の順で評価が高くなります。そのため、正社員になる予定がある人は、正社員になってから審査を受けた人が通過しやすくなるものです。

勤続年数

勤続年数は長いほど審査で有利となります。なぜなら、収入が安定している可能性が高いと判断されるからです。審査が厳しい銀行系のキャッシング会社によっては、1年以上の勤続年数がないと申し込みができないこともあります。

居住状況

持ち家、寮・社宅、賃貸アパート・マンションの順で評価が高くなります。賃貸アパートやマンションに居住している場合は、最低でも1年以上住んでいないと、夜逃げのリスクがあるとして審査に通過しないことがあるようです。

また独身の人は、寮や実家暮らしの人が審査の際に有利となります。

保険証の種類

社会保険や組合保険に加入していた人が、審査の際に有利だといわれています。なぜなら、一定の条件を満たしていないと、加入できない健康保険だからです。

つまるところ、同じ職場で一定の勤務時間、勤務日数、勤続月数働いている指標となることから、収入が安定している可能性が高いと判断されることになります。

加入条件を満たしているにもかかわらず、手続きが済んでいない人は、社会保険や組合保険に加入しておくと審査に通過しやすくなるものです。

信用情報

日本国内には、3つの信用情報機関があります。それぞれの機関では情報を共有しており、その情報を審査の際にどこまで重視するかは、各キャッシング会社の判断となっているのです。

特に重要視している内容は、借入件数と借入金額、返済状況、申込件数、事故情報の4つとなります。収入と借り入れのバランスを確認したり、新たな借入をしても返済は可能かを確認したり、他社の返済が滞った記録はないかを確認しているのです。

信用情報に問題はみられず、利用中のクレジットカードやローンの返済が滞っていない場合は、審査に通過しやすくなります。ただし多重債務でも借りれるのかというとそこまで甘くないので注意しましょう。

希望借入金額

消費者金融系や信販系のキャッシングの場合、先述したとおり総量規制に抵触する可能性はないかを確認しています。銀行系のキャッシングも同様で、最近は総量規制と似たような判断基準を設け、審査を行っているのが現状です。

そのため、希望借入額を多めに申告してしまうと、計画性が無いと判断されたり、総量規制に抵触したりすることがあるため、キャッシングがどこも通らないといった悲劇が起きてしまうのです。

どこも審査通らないときはどうしたらいい?

消費者金融などのカードローン審査に落ち続けてしまった人は、その「原因」について考えたことがあるでしょうか?

審査に通らなかったのは、決して運が悪かったからではありません。たまたま落ちたわけではなく、はっきりとした原因があるのです。

年収が低すぎたり、他社の借入額が多すぎたり、キャッシングのみ利用停止となってしまったりと様々な原因が考えられますが、その中でも「信用情報のブラックリスト入り」が原因で落ちてしまっていることもよくあります。

  • ローンが通らない理由を知りたい
  • カードローンの審査がゆるいところは?
  • カードローンで審査落ちして再申し込みしてもいい?
  • ローンが組めないんだけどそれっていつまで?

もし立て続けに審査に落ちてしまった人は、いったん審査申し込みの手を休めて自分の信用情報をチェックしてみましょう。

虚偽情報

これは、故意・故意じゃないは関係なく、申込内容と信用情報内容が違うことがあります。
例えば、年齢です。
41歳なのに45歳と書いてみたり、生年月日などを間違えた・
勤務先や会社については、過去と現在の情報が違うのは良くあることですが、勤務年数が合わないとか。
年収では、消費者金融は50万円以上の借り入れで提出する書類がありますが、それも記載しているのと違うなど、とにかく申告された情報が゛おかしいと言うときには、審査落ちになります。
間違えた、ではなく年収を多く書いたほうが有利何ていうことは絶対にありません。

申込ブラック

これは、数日間に何度も申込をしてしまうこと。
大手消費者金融の種類が多いのであちこちに片っ端から申込をすると、全て事故情報になります。
申込をしただけで事故になる?
そうなのです。よほどお金に困っている、さっきと内容が変わっているということで、審査落ち決定です。
約半年間は審査に通らないのです。

総量規制

総量規制などは年収から割り出す数字です。
それが、いい加減な年収の書き方、キャッシングに対してふざけていると言った判断をされることで、信用がなくなります。
これらで審査に通らないのは、本当に馬鹿らしいことですから、緊張感を持った申込をするようにしてください。

大手消費者金融では決して教えてくれない申込ブラックなどですが、最後に行き着く中小消費者金融などでは、申込ブラックになっていましたねと言われることがあるそうです。

その上で、借り入れができることもあるようですが、虚偽情報申告の場合は、中小消費者金融でも審査が厳しいと言われています。

ブラックリストとスーパーホワイトとは

ブラック情報の保持期間が過ぎると、ブラックリストから解放されることになります。
それ以降は通常通り審査に通り、お金を借りられると思いがちですが、なかなかそう甘くはありません。
それが「スーパーホワイト問題」です。

  • ホワイト 適度なクレジット歴が信用情報に記録されており、延滞などが一切無い
  • ブラック 信用情報にブラック情報が記録されている
  • スーパーホワイト 信用情報にクレジット歴が全く記録されていない

スーパーホワイトとは、信用情報にクレジット歴が全く登録されていない状態の事を指します。
つまり、借金やクレジットカードの利用が一切無い状態です。

金融機関は他社借入額が0円のスーパーホワイトの人になら喜んでお金を貸すようにも思えますが、実際にはスーパーホワイトはなかなか審査に通りません。

なぜなら、金融機関は「スーパーホワイト=元ブラック」と考えるからです。

自己破産などでブラックリストしてしまった人は、その間は借金することができません。
信用情報にクレジット歴が一切記録されないため、ブラック情報の保持期限が過ぎた時には自動的にスーパーホワイトとなります。

ですから金融機関はスーパーホワイトの人を「元ブラックリストに入っていた危険人物」と見なします。
つまりブラック状態を脱したからと言って、すぐにお金を借りるのは難しいのが現状なのです。

キャッシングがどこも通らない人が審査に通るコツ

ここまでキャッシングがどこも通らない理由について解説してきましたが、ここからはキャッシングがどこも通らない人が審査に通るコツについて解説していきます。

キャッシングの審査に通るかどうか不安だという方は以下の方法を試してください。

自分の信用情報を確認する

カードローン審査に一度でも落ちてしまっている場合、一度自分の信用情報を確認してみることをおすすめします。

自分の情報が個人信用情報機関にどのように記録されているのかを確認したい場合は、個人信用情報機関に情報開示を請求すれば確認することができます。

  • 窓口請求の場合は500円
  • 郵送請求の場合は1,000円

手数料を払えば簡単に確認できます。

信用情報を確認し、特に返済に関するトラブルが無ければ、最初に申込みをしたカードローンでは属性のスコアリングが足りていなかっただけと予測できます。

その場合は銀行と比べて高金利な大手消費者金融系カードローンならば、審査に通る見込みがあります。

また、大手消費者金融はどこも審査通らないという人はもう1つ段階を下げてブラックでも借りれる中小消費者金融を狙っていきましょう。

大手・中小消費者金融の借り入れ希望額はできるだけ低く申告する

申し込みの際は、借り入れ希望額はできるだけ低く申告しましょう。

借入希望額を低く設定することで、自分の年収に見合ったきちんとした返済計画を立てており、極端にお金に困っているのではないということをアピールすることができるため、キャッシングがどこも通らない人でも審査に通る可能性が上がります。